五線親父の縁側日誌

永遠の70年代男・テリー横田の日誌です。

筆者は田舎の初老爺、下手の横好きアマチュア作曲屋、70年代洋楽ポップス愛好家、70年代少女漫画愛好家、
女子ヴァリボ&フィギュアスケートオタ、Negicco在宅応援組です。

テリーの今年よく聴いたアイドル曲ベスト7

それでは、毎年好例、テリーの今年よく聴いた曲・アイドル編、いってみましょ。 (こっちは一応、発売年度も加味してます。) 今年はどうしても絞りきれなかったので7曲です。


7位■南端まいな「君のピュアネス」

元アイドルネッサンス。解散後ソロデビューしてこれはシングル2作目かな。ミニアルバム「Clarity」と合わせ技でランクインです。彼女の儚(はかな)げなルックスに参ってる部分が大きいんですけど(笑)歌も、線が細いながらなかなかの表現力で、何より声の清潔感が素晴らしい。女優活動も始めたようですし、将来は原田知世みたいな位置にいってくれてらいいなあ。


6位■脇田もなり「エスパドリーユでつかまえて」

もはやソロボーカリストとして地盤を着々固めるもなりちゃん。サードアルバム「Right Here」は、80年代ソウルでも打ち込みエレクトロを増やしつつ、より音を整理・洗練させた印象です。ここもシングル曲1曲と言うよりも、アルバムとの合わせ技で。


5位■フィロソフィーのダンスヒューリスティック・シティ」

昨年末発表の曲ですが1年飽きずに聞けました。ソウルAORの日本的展開としてこれ以上の方法は考えられないほど完璧な楽曲。クールでカッコ良く、しかも可愛い。出だしの奥津さんのつやつやの声。ここもアルバム「エクセルシオール」との合わせ技で。


4位■MELLOW MELLOW「WANING MOON」

5位のフィロのスと同じ作曲家・宮野弦士作品。似た路線ながら微妙に楽曲のキャラが違うのは流石(こちらが多少はっちゃけてる)シェリル・リンとかエモーションズなんてのを思い出しました。彼女たちの三者三様キャラも全開。個人的にはHINAちゃんのクネクネダンス・脚と上半身が時間差で動くとこ、好きです。♪


3位■Farewell my l.u.v「Gloomy Girl」

名古屋の芸能スクールのグループ。ここの運営さんとツイッターでやりとりする機会があって「高校生?」と聞いたら「中学生です!」と返ってきてひっくり返った。楽曲のソウルフルさもさることながら、歌い回し、コブシの利かせ方とかヴァイブレーションとかすごいサマになってて、こんなの訓練積んだ大人歌手でもよほどセンスを磨かないとできない。残念ながらセンターの子が脱退・移籍しちゃったようだが、残った子も上手なので頑張って欲しいです。


2位■まなみのりさ「かかとを鳴らして」

ベテラン渾身の1曲。大人の鑑賞に耐えうる楽曲と歌唱。せつないみのりちゃんの歌声。しかし何より特筆すべきはダンス演出だろう。3人組なのにわざとスタンドマイク2本にし、必ず一人が余ってダンスに専念する体型をとる。振り付け担当のまなみちゃんのアイディアか。見事である。日本のボーカル&ダンスグループのパフォーマンスとしては、現時点で最高位の一つではないかと思う。アイドル戦国時代駆け抜け、今も戦い続けている彼女達に、最大の敬意を払います。


1位■りんご娘「0と1の世界」

青森県弘前市の歴史の長いロコドル。というレベルを飛び越え、今や絶賛全国進出中ですね。この曲はまず歌詞とテーマでしょう。宮沢賢治雨ニモマケズ」の引用から、地方の農業や漁業の問題提起まで行いつつ、人間の生き方にまで迫る歌詞。「0と1とは何ぞや?」と思いますが、無=自然の状態から有=作物を作る「第一次産業」のことを指しているらしい。厳しさが増すばかりの地方の農林水産業。そこを応援し、ふるさとを愛する、まさにりんご娘にしか歌えない・表現できない世界。歌唱もダンスも素晴らしいと思う。感激しました。


他には原田珠々華RYUTist、EMOE、TipToe、はちみつロケット、それとNegiccoは、本当に泣く泣く選外となりました。でも素晴らしく愛聴しております。

テリーの今年よく聴いた洋楽ベスト5

それでは、毎年好例、テリーの今年よく聴いた曲・洋楽編ベスト5、いってみましょ。 (発売年度は関係なく、自分が今年聴いて良かった曲たちです)


5位■Elton John「Blue Moves」
■「Sorry Seems To Be The Hardest Word」

エルトン・ジョンのアルバムは、学生時代にあまり聞いてこなくて、ここ数年かけてコツコツ集めている最中です。その中で1976年の「青い肖像〜Blue Moves」は、かろうじてリアルタイムでラジオで聞いた記憶があります。小6か中1か、ちょうど音楽を聴き始めた時期で、シングル「Sorry Seems To Be The Hardest Word〜哀しみのバラード」の哀感は、文字通り子供心にも刺さるものでした。で、不意に思い出して購入・愛聴しております。


4位■Jimmy Webb Greatest Hits「Highwayman」
■「MacArthur Park」

ジミー・ウェッブ。日本では作曲家として時々名前が出るものの、自作自演歌手としては全く知られていない、そんな人です。グレン・キャンベル他いろいろな人が彼の曲を取り上げヒットさせています。というわけで彼自身のアルバムは、日本ではなかなか聞くことができなかったのですが、折良く決定的なベスト盤が配信限定ですが出まして購入した次第です。分類すればカントリーに成るんでしょうか。「恋はフェニックス」「ウィチタ・ラインマン」など名曲多数です。。


3位■Ney Matogrosso「Mato Grosso」
■「Alegria Carnaval」

ネイ・マットグロッソ。ブラジルのアリス・クーパーの異名をとる、エキセントリックな風貌(化粧&コスプレ)のベテランシンガーです。特徴的なハイトーンボイスで、ちょっと危ないオネエ系かと思いきや、さにあらず。特に音楽面では、自作はせず、あえて外部作家や著名SSWに書かせていますが、その特異なスタイルのせいか統一感もあり、極めて良質でまっとうなブラジルMPBです。


2位■O'Jays「The Last Word」
■「'68 Summer Nights」

フィラデルフィア・ソウルのベテラングループ「オージェイズ」。このアルバムを持って歌手生活を引退すると発表があって発売された、文字通りのラストアルバムです。これがまた、70年代から変わらぬ老舗の味。ダミ声のリードヴォーカル、エディ・リヴァートの歌声もこれが最後かと思うと泣けてきます。


1位■Marvin Gaye「You Are The Man」
■「You Are The Man」

モダンソウルの元祖マーヴィン・ゲイ。1972年に制作され、発売一歩手前でなぜかお蔵入りになった幻のアルバム、という触れ込みで発売され、勇んで購入しました。が、よく調べると全くの未発表作ではなく、ベスト編集盤などでちょこちょこ発表済みの曲達をまとめたものらしい。なーんだとがっかりしながら聞きましたが、内容はさすが!全盛期のマーヴィン・ゲイそのもの。例の一人多重録音によるボーカル&コーラス、浮遊感あふれるサウンド、時に社会批判も交えた歌詞。大変素晴らしく感激しました。

ソフト&メロウはどこから来たのか

1960年代後半~1970年代前半の時期は、ロック/ポピュラー音楽の大変革期だったのは周知の通り。ソウル/R&Bジャンルに於いても、リズム面においての細かいダンサブル化(16ビートの採用)と、和声ハーモニー面でのソフト&メロウ化(maj7th, 9th等の複雑な和音を使って「ほわぁ」とした柔らかい雰囲気を出す)ことが急激に進行した。その急先鋒だったのがマーヴィン・ゲイスティーヴィー・ワンダー、ダニー・ハザウエイ、カーティス・メイフィールド等のいわゆる「ニューソウル」と呼ばれるミュージシャン達だった。
 
リズムの細分化=16ビートの採用についてはもう一人、ジェームズ・ブラウンが祖で、この親父がどこから仕入れたのか、歌ものソウルに持ち込んだのが最初とされている。(←かなり語弊があるかな?)

しかしソフト&メロウ和声に関しては、そんなに簡単には行かない。上記のニューソウル・ミュージシャン以前にも、例えばフランク・シナトラの曲とか、MGMミュージカルの曲なんかに、同じように「ほわぁ」とした雰囲気の曲が散見される。しかしマーヴィンがシナトラのファンで、そこから着想した、なーんて話は聞いたことがない。
 
ソウル・ミュージックのソフト&メロウは、一体どこから来たのだろうか。
 
で今、ビッグバンドジャズの「デューク・エリントン」に苦労しながら噛みつき始めたのだが、和声のメロウ化については、どうも彼が怪しい気がする。まだ全然聞き切ってないので大きな事は言えないのだが……スティーヴィーの曲に「サー・デューク」って曲もあるし、エリントンこそが「ソフト&メロウの祖」の可能性はどうだろうか??

※追記
その後、マーヴィン・ゲイについてご教授いただきました。
 
<マーヴィンはシナトラとかナット・キング・コールとか、ジャズ/ポピュラーソングが好きで、影響も受けています。元々はソウルシンガーよりも、そっちのスタンダードを歌うシンガーになりたくて、その志向のアルバムも出してます。1971年「What's Goin' On」が大ヒットした後もその夢は諦め切れず、1977年に「Vulnerable」というポピュラー曲集を録音しています。ところがこれが会社の方針でお蔵入りになった。死後発売されたこの作品は、得意の多重ボーカルも駆使された、注目すべき作品になっています。>
 

・・・とのことです。「What's Goin' On」以降のマーヴィン作品が、白人ポピュラーの影響のもと書かれたのであれば、ぴったり話がつながります。ソフト&メロウの祖、マーヴィン・ゲイの裏には、キングコールやシナトラが居たのです。

アイドル楽曲大賞2019に投票しました。

アイドル楽曲大賞2019(毎年恒例のネット企画)に投票しました。内訳報告。
http://www.esrp2.jp/ima/2019/
 
■メジャーアイドル楽曲部門
1位 WANING MOON / MELLOW MELLOW
フィロのスにも書いている宮野弦士作品。シェリル・リンあたりの80年代ソウルが下敷きと思うがよく書けている。

2位 忠犬ハチ公 / はちみつロケット
SMAP「SHAKE」の小森田実作品。イントロの口笛、わけわからん歌詞、合ってない60年代風PV、頭くらくらしました。

3位 Lollipop Sixteen / SOLEIL
60年代洋楽ガールポップに「観られぬあこがれ」を持っている親父族にはたまらんです。

4位 闇色の朝 / Maison book girl
5位 ぼくらのうた / あゆみくりかまき
 
■インディーズ/地方アイドル楽曲部門
1位 0と1の世界 / りんご娘
地方の農業や漁業の問題提起まで行いつつ、生き方にまで迫る歌詞。歌唱もダンスも素晴らしいと思う。ロコドルがよくここまで来たと感激しました。

2位 gloomy girl / FAREWELL, MY L.u.v
名古屋の中学生と聞いてびっくらこいた。日本のファンクとしても素晴らしい楽曲と思う。センターの脱退は非常に残念。立て直しを急げ!

3位 かかとを鳴らして / まなみのりさ
ベテラン渾身の1曲。みのちゃんの歌唱の切なさ!まなみちゃんがほぼダンスに専念する斬新さ!

4位 ヒューリスティック・シティ / フィロソフィーのダンス
宮野弦士作品。AOR/メロウファンクの傑作と思う。奥津さんの出だしの声がつやつや。

5位 Cherry moon / 南端まいな
柔らかいファンクという相反する要素をよくまとめたと思う。非力ながら清潔感有る歌唱も素晴らしい。
 
■アルバム部門
1位 『Clarity』 / 南端まいな
なにげない歌唱だけど清潔でやわらかく歌がちゃんと伝わってきます。楽曲も粒揃い。ベッドサイドの癒やし(^^)

2位 『エクセルシオール』 / フィロソフィーのダンス
充実しきったファンキーアイドルの練りに練られたアルバム。

3位 『DONT TOUCH MY RADIO』 / FAREWELL, MY L.u.v
名古屋の中学生と聞いてびっくらこいた。素晴らしいファンク&レゲエ!楽曲群(やや歌謡的ポップさもある)を大人顔負けで歌っています。
 
■推し箱部門
Negicco
永遠不変のメイン推し。

※脇田もなり、原田珠々華RYUTist、EMOE、TipToe、それとネギは、本当に泣く泣く選外となりました。でも素晴らしく愛聴しております。

今年よかったアイドルソング、ノミネート

EMOE「レラリンルンリンラン」
https://youtu.be/M64mps8x87Y
 
はちみつロケット忠犬ハチ公
https://youtu.be/JeMQrXMalGI
 
amiinAsign』MV
https://youtu.be/2S7NvsxEEtI
 
フィロソフィーのダンス/ヒューリスティック・シティ
https://youtu.be/oJXujY-RVD4
 
原田珠々華 / プレイリスト
https://youtu.be/ngljj9g8DME
 
tipToe. - 茜
https://youtu.be/AH7LpPeZDXw
 
Kaede(Negicco)「クラウドナイン」
https://youtu.be/GMDZA3GpXXw
 
Task have Fun "逆光"
https://youtu.be/lMQMDASi0h0
 
脇田もなり - エスパドリーユでつかまえて
https://youtu.be/iBCK8LVy58s
 
Maison book girl / 闇色の朝
https://youtu.be/y2Wk1NgS118
 
MELLOW MELLOW(メロウメロウ)「WANING MOON」
https://youtu.be/jYqPgi8nVAE
 
アクアノート『夕立とアンチノミー
https://youtu.be/FlJp0W-fER0
 
hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)-「故郷東京 」
https://youtu.be/rn-4OJO4YI0
 
Farewell my l.u.v「Gloomy Girl」
https://youtu.be/x2tkc_uOwK4
 
南端まいな「君のピュアネス」
https://youtu.be/wZ1VOHN63Bk
 
Negicco「I LOVE YOUR LOVE」
https://youtu.be/5QDI1N9hU0A
 
RYUTist「Majimeに恋して」
https://youtu.be/TL0xetXPtwc
 
りんご娘「0と1の世界」
https://youtu.be/En-3yratppI

今年買ってよかったアルバム中間報告

【ロック&フォーク系】
England Dan & John Ford Coley「Nights Are Forever」
Jimmy Webb Greatest Hits「Highwayman」
Elton John「Calibou」
Joni Mitchell「Miles Of Aisles」

【ソウル系】
Harold Melvin & The Blue Notes「Wake Up Everybody」
William Bell「This Is Where I Live」
Heatwave「Central Heating」
O'Jays「The Last Word」
Marvin Gaye「You Are The One」
Eugene Record「The Eugene Record
Alice Clark「Alice Clark」
Philadelphia International Collection

【ブラジル】
Elis Regina「In London」
Ney Matogrosso「Mato Grosso」
Miúcha & Antônio Carlos Jobim
 
【J-アイドル系】
脇田もなり「RIGHT HERE」
南端まいな「Clarity」
フィロソフィーのダンスエクセルシオール
Farewell, My L.U.V「Don't Touch My Radio」
SOLEIL「LOLLIPOP SIXTEEN」
Negicco「I LOVE YOUR LOVE」
 
【J-POP&歌謡曲
ザ・キングトーンズ「SOUL MATES」
さかいゆう「You Are Somethig」
GOLDEN☆BEST 南沙織 筒美京平を歌う
二葉あき子名曲集
渡辺はま子名曲集
 
・・・う~んロックが無い(爆)実質黒人系とアイドルだけだな、あと懐メロ(笑)

2019年10月12日の台風19号、我が家は無事でした。しかし福島県郡山市は東側4分の1ほどが浸水。他にも福島県下に甚大な被害がありました。自然災害とは全く理不尽なもので、1丁目は壊滅なのに2丁目は何ともないとか、そんな現象すら起こります。
 
言っても詮なきことですが、今回の台風の浸水地域は、以前から大きな嵐が来たら危ないと言われていた地域、ハザードマップのレッドゾーン区域が多いような気がします。情報として危ないと分かっているのに対策が打てず、案の定起こってしまったという印象。金の問題なのか人の問題なのか、人命に関わる治水の問題は市や県だけではどうしようもない。やはり国の為政者が最優先に解決していくべき問題と思います。